アクセスカウンター

ミニブリッジ

ミニブリッジはオランダで コントラクトブリッジの教育普及のために

考案されたもので、コントラクトブリッジの中から 「オークション」の

部分を抜いたものである。

ミニ・ブリッジ版ゲームソフト

miniBRIDGEゲームソフト
miniBRIDGEゲームソフト

プレイの方法

ミニブリッジの楽しみ方を紹介したHPを挙げておきます。

 

・ミニブリッジの楽しみ方

 

・ミニブリッジのプレイ法

  使用するカード:ジョーカーを除いた52枚
  人数      :4人

 ブリッジって?

 ミニブリッジは52枚のカードを4人に13枚ずつ配ります。
 4人が時計回りの順番に、カードを1枚ずつ出し、一巡して出された4枚のカードを
 トリックと言います。
 一番強いカードを出した人が、そのトリックの勝者と成ります。
 手札が無くなるまでの13トリックの内、より多くのトリックに勝つ事が目的です。

  しかしブリッジでは、一人でただ多く勝てばいいのではありません。ブリッジは二人一組でペアを組み、ペアとしてより多くのトリックに勝つことが目的です。
  ですからパートナーと協力してより多くのトリックに自分達のペアが勝てるようにプレイします。

 パートナーを決める
 前もってパートナーが決まっていない時は、カードドローでパートナーを決めます。
 伏せたカードを横に広げ適当に一枚ずつカードを引き、強いカードを引いた同士、弱いカードを引いた同士がパートナーとしてペアを組みます。
 パートナー同士は向かい合わせに座ります。
 
 スーツフォロー
 カードにある4つの図柄S(スペード)、H(ハート),D(ダイヤモンド)、C(クラブ)をスーツと言います。
 各トリックに於いて、一番最初にカードを出した人と同じスーツのカードを出さなければなりません、これを、"スーツフォロー"と言います。例えば始めの人がHを出した場合後の人は手札の中にHがある限り、Hのカードを出さなければ成りません。
 そのスーツが無い為、スーツフォローが出来ない場合は、どのカードを出しても構いません。

 トリックで勝てるのは始めに出されたスーツの中で1番強いカードです。
 カードの強さは、A,K,Q,J、‐‐‐4,3,2の順番です。

 トリックの勝ち負けを図で説明すると、次のようになります。

     H-8                D-Q

 H-5     H-A       H-5       S-K
(スタート)            (スタート)
     H-K                D-A
    
    H-Aが勝ち              H-5が勝ち

 トランプ(切り札)
 あるスーツがトランプ(切り札)に指定されることがあります。
 トランプに指定されたスーツは、特別に強いスーツとなり、始めに出されたスーツと
違ってもトリックに勝てます。
但し、スーツフォローが出来る時は必ずスーツフォローをしなければなりません。


    Cがトランプ             Cがトランプ

     H-6                H-9
 
 H-Q     H-J        H-8      C-5
(スタート)             (スタート)
     C-2                C-7

    C-2が勝ち             C-7が勝ち


さあ始めましょう!
 準備は終わりました。後は実際にカードを配って始めるだけです。
 まずゲームの流れを説明します。

1.カードを配る。
2.点数を発表する。
3.ディクレアラーを決める。
4.ダミーを広げる。
5.トランプの宣言。
6.ゲームの宣言をするかどうか、ディクレアラーが決定する。
7.プレイする。
8.得点を記録する。

§1.カードを配る
   カードドローで1番強いカードを引いた人が、最初のディーラー(配る人)

    に成り カードを左隣の人から、一枚ずつ、一人に13枚、52枚のカード

    を配ります。
   配られた人は、カードを見る前に、正確に13枚あるか確認します。
§2.ディーラーから時計回りに自分のハンドの点数を計算し発表します。
   点数とは以下の合計です。
    A(エース)    4点
    K(キング)    3点
    Q(クイーン)   2点
    J(ジャック)   1点

   例えば次のハンドの点数は
    S:AK1032      7点
    H:K32         3点
    D:Q52         2点
    C:J2          1点
       7+++1=13
§3.ディクレアラーを決める
   全員が点数を発表したら、合計が40点になる事を確認します。

   点数の合計が多いペアーが主導権を取ります、両ペアーの点数が20点の時

     は配り直しです。主導権を取ったペアーの点数の多い方の人がディクレアラー
   少ない方の人がダミーになります。
   同じ点数の場合はディーラー又はその次の人がディクレアラーになります。

§4.ダミーを広げる
   ディクレアラーが決まったら、そのパートナーはダミーとして自分のカード

      をテーブル上にひろげます。
   ディクレアラーは自分とダミーと双方の手札からどれを出すか一人で決定

      します。つまり、ダミーはこの後プレーには参加せず、ディクレアラーの

      指示通りにカードを出します。ダミー以外の3人は、自分の手札と、

     ダミーノカードの両方を見ながら、出来るだけ多くのトリックを自分達の

     サイドが勝つように作戦を立ててプレイします。
§5.トランプの宣言
   ダミーが公開されたらディクレアラーは、自分に最も都合の良いスーツを

      選んでトランプ(切り札)スーツに指定することを宣言します。
    決めない方が有利と判断した時は、ノートランプ(切り札無し)と宣言

      することも出来ます。
    トランプが決まったら、ダミーはトランプのスーツを自分から見て

       右端に置きます。
§6.ゲームの宣言をするかどうか?
    ディクレアラーはトランプを宣言した後にゲームを宣言が出来ます。
    ゲームの宣言とはトリックをたくさん勝つと宣言することです。
    ゲームの宣言をして成功すると、ディクレアラーは通常の10倍の

        ボーナス点を獲得出来ます。
           ノートランプ     9トリック
    切り札が  H又はS      10トリック
            D又はC      11トリック
    ゲームの宣言をした時に勝たねばならないトリック数は、上記の通り

        決まっています
    上記のトリックだけ勝てないと思ったら、ノーゲームと宣言し、

        相手より多く勝てる最低のトリック数である7トリック以上を勝てるよう

        にプレーします。
§7.プレイする
    トランプとゲームの宣言が終わったらプレイの開始です。
    第一トリックはディクレアラーの左隣の人からカードを出します。
    第2トリックは第1トリックを勝った人から始めます。各トリックが

       終わったら出したカードをテーブルに伏せます。その時そのトリックを

       勝ったペアーはカードを縦に、負けたペアーは横に向けて伏せます。
§8.得点をつける
    13トリックのプレイが終了したら得点を付けます。
    対戦相手より多く勝てなければ勝ったとは言えないので、13トリック中
    相手より多く勝てる最低のトリック数7トリックを基準にします。

       7トリック勝ちーーーー1メーク
       8             2メイク
       9             3メイク
      13             7メイク  と呼びます。
    得点は、メークした時は下表の点数が得られ、
    7トリックに満たない時や、ゲームを宣言したのに必要なトリック数に

       満たない時 ダウンといい、足りないトリック数をダウン数といいます。
    この時は、
          100点Xダウン数 の失点となります。